FC2ブログ
    ファミリー・子育て世帯に朗報です。3LDKの戸建賃貸、宮崎市波島にあります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今日も当プログへ寄り道していただき、ありがとうございます。例によって約1か月ぶりの更新ですが、今日のお題は・・・。

    宮崎県は去る11月17日、昨年実施の「2010年国勢調査」の確定値に基づく総人口113万5233人総世帯数を過去最多の46万505世帯、また、65歳以上の高齢者人口29万1301人、同人口が全体に占める割合(高齢化率)を25.8%と発表した。
    05年の前回調査に比べて、総人口は約1万7000人減、高齢者人口は約2万人増加し、高齢化率も2.3ポイント増加したとも。

    こうして数字で見ると、都市部を除く全国的な傾向なのでしょうが、いろいろ考えさせられます。
    私としては特に、「65歳以上の1人世帯は5万3460世帯、施設などを除く一般世帯に占める割合11.6%」という数値が気になります。約9軒(世帯)に1軒が独り住まいで、しかも65歳以上な訳です。お元気な方ばかりだと良いのですが・・・。

    続きはまた。
    おかげさまで、メープル波島は現在満室です。
    今日も、ポチッと1クリックしてくだされば、うれしいです。
      にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
    スポンサーサイト

    【2011/12/03 12:41】 | おすすめ情報
    トラックバック(0) |
    今日もご訪問ありがとうございます。

    さて、日本経済新聞に掲載の調査結果を前回に引き続きご紹介します。
    前回の記事-「将来マイホームを購入したい」は半数以下-では、持ち家が調査時点で無い人のうち、「購入したい」と答えた人は44%と半数以下との結果でしたが、

    同じ方に対し行った「住宅は今買い時か」との質問への答えは、「買い時」と答えた割合は20%となった一方で、「買い時でない」とした割合は29%と多かったとか。

    さらに、この「買い時でない」と答えた方に対して、「買い時でない理由」も尋ねたところ、「震災後、経済の先行きが心配」、「物件価格はまだ下がる」、「住宅会社などの経営状態が心配」の順(複数回答、上位のみ)だったそうです。

    以上が調査結果のご紹介となります。
    今が買い時かそうでないかは分かりません。ただ、「マイホームを持つ喜び」は万人共通ではなくなりつつあり、「持たない身軽さ」を心地よく感じる人は増えていくかもしれない、とこの記事の編集者は結んでいました。

    おかげさまで、メープル波島は現在満室です。
    今日も、ポチッと1クリックしてくだされば、うれしいです。
      にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

    【2011/11/05 07:55】 | おすすめ情報
    トラックバック(0) |
    今日もご訪問ありがとうございます。さて、前回は「震災で賃貸派増加」という記事を配信しました。少し似ていますが、今回は、先日の日本経済新聞に掲載の調査結果をご紹介。

    現在、持ち家がない人に「将来マイホームを購入したい」か尋ねたところ、「購入したい」と答えた人は44%と半数以下との結果。残りは、「購入したくない」は20%、「分からない」は36%だった。

    「購入したい」との理由として多かったのは、「高齢になったときに安心」、「借り続けるより得」、「憧れだから」、「自由にリフォームできる」、「家族に家を残したい」の順(複数回答、上位のみ)。「不動産価格はそろそろ上向きに転じるから」はわずかに1%だったとか。

    一方、「購入したくない」と答えた人が理由としたものは、多かった順に、「賃貸の方が住み替えしやすい」、「頭金を蓄えられそうにない」、「買うより賃貸の方が得」、「親と同居している(する予定)」、「住宅ローンを組むのが不安」(複数回答、上位のみ)。「不動産価格が今後も下がると思われるから」、「東日本大震災で住宅を持つのが不安になった」との理由はともに12%あったそうです。

    という私も現在、アパートに住み持ち家がない人に区分されますが、まあ強いて答えるならば、「頭金を蓄えられそうにない」+「住宅ローンを組むのが不安」であるものの、買ったり、建てたりしたとたんに2、3割も資産価値が目減りしないような物件であれば、「購入したい(建てたい)」とは考えております。


    ところで、メープル波島は、おかげさまで現在満室御礼となっております。

    今日も、ポチッと1クリックしてくだされば、うれしいです。
      にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ




    【2011/10/17 21:06】 | おすすめ情報
    トラックバック(0) |
    今日もご訪問、ありがとうございます。多少それるようですが、台風南九州に向かってきており心配ですネ。

    さて、本日も、ちょっと役立つ情報、参考となる情報を。
    新聞によりますと、リクルート社東日本大震災後の今年4月に、首都圏の賃貸住宅に住む方を対象に実施した調査(回答者730人)で、「今後も賃貸住宅に住むと考えている割合は37%と昨年より7ポイント上昇。その上昇幅は2006年以降の調査で過去最大」との結果が。同社は、震災で賃貸派の住宅所有に対する不安感が増しているようだと分析。今後も賃貸物件に住む理由として、自由に住み替えたいが30%、長期ローンを抱えたくないが20%、災害が不安が15%だった。(H23.8.28日経新聞)


    首都圏などの都市部と、地方部では意識や考え方の違いもあるでしょう。また、書籍やネットでも、住まいは「マイホームと賃貸はどっちがお得?」などの記事もよく見かけますネ。これも、結局のところ、考え方の違いだと思います。ただ、例えば、家を買ってもらいたい、建ててもらいたいという側が、賃貸しつづけることを推奨することはないのだ、ということなどを十分理解の上で、広告、チラシを見ることをおすすめします。

    私はと言えば、3LDK賃貸アパートに現在住んでおり、また、マイホームを持たなければという動機が家族共々無いため、今のところは、人生の半分近い年数を掛けて返済する住宅ローンを組んでまで、単なるマイホームを欲しいとは思わないのです。 賃貸併用住宅は常に検討中ですが。

    ところで、入居者様を募集しておりましたメープル波島B棟、先日入居いただきまして満室となりました。入居者様はもちろんですが、今回もお客様付け業者さん、元付け業者さんのおかげでもありますので、この場でも御礼申し上げます。(見ていらっしゃいますか?)

    あと、先日、水戸大家さんから、このブログを紹介していただきました。コチラです。
    (水戸大家さんは、総発行部数9万3千部の購読者日本一の不動産メルマガも発行している有名ブロガー)



    今日も、ポチッと1クリックしてくだされば、うれしいです。
      にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

    【2011/09/19 16:42】 | おすすめ情報
    トラックバック(0) |
    国土交通省は去る7月22日、 2010年度住宅市場動向調査の結果を発表。この調査は毎年実施されているもので、対象期間は2009年4月から2010年3月までの間におけるもの。そして、住宅を建設して入居した人(新築住宅)などの調査カテゴリがある中で、本日お届けするのは「民間賃貸住宅へ入居した人」(賃貸住宅)に関するもの。

    民間賃貸住宅に入居した人のうち、敷金を「1か月未満」とした回答は34.5%、礼金を「1か月未満」とした回答は33.2%となり、敷金・礼金を「1か月」とした人はいずれも3割を超えたとのことでした。
    敷金について、2006年度調査では「1か月未満」としたものはわずか2.3%で、前回の2009年度調査でも10.5%に止まっていたから、今回一気に急増したことになる。礼金も同様の傾向とのことでありました。

    ここ数年間は、正に「借り手市場」の民間賃貸住宅でありますが、今回の調査結果は、それを数字で裏付けし、さらに加速している実態を示すもの。と言いますか、至極当然の、元には戻らない流れではなかろうかと思います。

    さて、忘れておられるかもしれませんが、人気の戸建賃貸住宅メープル波島のB棟、引き続き入居者様を募集中です。ちなみに、メープル波島では、原則、敷金ゼロでやらせていただいております。

    今日も、ポチッと1クリックしてくだされば、うれしいです。
      





    【2011/08/28 13:32】 | おすすめ情報
    トラックバック(0) |
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。